• ホーム
  • 胃酸過多にはネキシウムで対処しよう

胃酸過多にはネキシウムで対処しよう

食事している肥満の女性

胃酸過多になると胃痛や胸焼けが起こってしまうので、ネキシウムを飲んで改善を目指すと良いでしょう。
ネキシウムはエソメプラゾールマグネシウム水和物を主成分としている胃薬の一種です。
胃酸過多は何かの原因によって胃酸が多く作られすぎて、その結果胃痛などの困った症状が出てくるという状態ですが、ネキシウムを飲めば胃酸の分泌を抑える効果が期待出来るため、不調が徐々に治まっていくことでしょう。
ネキシウムは胃薬の種類の中ではプロトンポンプ阻害剤に分類されます。
胃壁の細胞ではプロトンポンプという酵素が関わることで胃酸が分泌されますが、ネキシウムを飲むとプロトンポンプを阻害して胃酸の分泌を抑えることが出来ます。
胃酸を抑える薬にはH2ブロッカーという種類もありますが、プロトンポンプ阻害剤の方が強力に胃酸を抑えることが可能なのに加えて、効果時間が長いという利点もあるのが特徴です。
ちなみにプロトンポンプ阻害剤にはオメプラゾールという薬も存在していますが、エソメプラゾールはオメプラゾールよりも後に作られており、メーカーによると血中への移行がより良くなり薬効が改善しています。
そのため、この2つの薬の中から選ぶのならエソメプラゾールが配合されたネキシウムの方が良いでしょう。
ネキシウムの使用方法は胃酸過多を治すためには1日1回服用することになります。
薬の量は成人ではエソメプラゾールが20mg含まれたカプセルを1日あたり1カプセル飲むのが基本になっています。
なお、この薬は胃潰瘍の治療に使うなら8週間までしか服用してはいけないといった、服用出来る期間についての決まりがあるため、医師に詳しい使用方法を確認してから飲むのが良いでしょう。
ところで、ネキシウムの副作用では下痢や貧血、腹痛などが起こる場合があります。
副作用は出ない人の方が多い薬と言われていますが、まれに肝機能障害や血液障害などが起こる人もいるので、定期的に検査を受けながら服用すれば安心です。

朝食を食べる習慣で胃が強くなる?

胃酸過多の原因にはストレスが多いことや、刺激的な食べ物を多く摂り過ぎていることなどが考えられます。
それとともに、朝食を抜く習慣がある人は夜から昼頃にかけて胃に食べ物が無い状態が長く続くため、空腹がストレスになって胃酸の分泌量が増えてしまう怖れがあるので気をつけた方が良いでしょう。
胃を強くして胃潰瘍などが出来ないようにするには、朝食は毎日食べる習慣をつけるのがおすすめです。
しかし、朝から脂っこい食事を摂ってしまうと今度は消化がされにくい影響で胃が荒れるリスクがあります。
なるべく消化に良い食事メニューを考えて自分に合った朝食を摂るようにしてはいかがでしょう。
例えば、卵がゆや煮込みうどんなどは胃の調子が悪い時でも消化しやすいです。
逆に、コーヒーやタバコなどは胃に刺激となり胃酸の分泌を活発的にしてしまうので、控えることを推奨します。
胃酸過多にならないためにストレスを解消するなら、適度な運動をして活発的な生活を送るのが理想と言えるでしょう。
休みの日にウォーキングをするなど、軽めの運動から始めてみることをおすすめします。
それから、ガムを噛むと唾液の分泌が活発的になり、胃酸を中和してくれる効果が期待出来ます。
よく噛むのはストレス解消にもつながりますから、お気に入りのガムを見つけてみてはどうでしょう。
現在、胃酸過多による胸焼けなどの症状に困っている人は、内科を受診してネキシウムの処方について相談すると改善が期待出来ます。
ネキシウムは頼れる薬ですが使用は8週間までという縛りがあります。
そのため、ネキシウムで胃酸過多を改善しながら朝食をきちんと摂ったり運動するのを習慣にして胃を強くしていくと、胃の調子が悪くて悩まされることが少なくなると考えられます。

アーカイブ
サイト内検索
人気記事一覧