• ホーム
  • 食生活の改善で逆流性食道炎のリスクは減る

食生活の改善で逆流性食道炎のリスクは減る

ハンバーガーを持っている肥満の男性

逆流性食道炎は食生活を見直すことでそのリスクを減らすことができます。
例えば健康に良いからと食べているものには症状を悪化するものがあります。
トマトが持つ鮮やかな赤い色には、体にうれしい栄養素が詰まっていて、トマトに含まれているリコピンは活性酸素を除去しいろいろな生活習慣病から体を守る働きを行うことが可能です。
酸味の刺激が胃腸の不快感を解消してくれたり、気分を良くしてくれて消化器の働きなどをサポートしてくれます。
トマトにはビタミンuが含まれていて胃壁の修復効果を持ち、ペクチンが便秘を改善することが可能です。
しかし、「逆流性食道炎」の場合、トマトは避けた方が良いでしょう。
妊娠している人のトマトが苦手という声がありますが、これは胸やけを起こす食べ物だからです。
よく冷えたビールもおすすめできません。
仕事帰りや夕飯のビールは格別ですが、アルコールは食道と胃を繋ぐLESを弛緩させます。
また、ビールなどのアルコールは胃で炭酸ガスを発生し胃を膨らませるので控えた方が良いでしょう。
このように健康のためだったり爽快感を楽しむのに食べているものの中には胸やけなどを起こしたり、糖分や脂肪分のように胃を刺激するような食べ物があります。
胃の調子を考慮しながら食べ物を選ぶことが大切で、これらの食べ物は逆流性食道炎になる直接の原因ではないですが悪化させることがあるので注意が必要です。
胸やけなどの不快な症状が起きているならしばらく糖分や脂肪分などが多いものを避けた方が良いでしょう。
一般的に食事する際の注意点として、脂肪の多い食事を避けたり一度に多く食べることも避けましょう。
レモンなどの強い酸性の食品もやめておき、刺激性の強い香辛料も避けることをおすすめします。
食生活に注意することで逆流性食道炎を改善することができたり、健康的な状態に戻すことが可能です。
不快な症状に対して理解し体調に気を配ることで症状を改善したり予防することができます。
日頃の食生活を見直すことで自分で治療することが可能です。

胃腸は臓器の中で最もストレスの影響が出る

胃腸は臓器の中でもストレスの影響が出る部位で、ストレスによって胃酸が過剰に分泌され胃の粘膜などを攻撃する仕組みになっています。
ストレスは胃などの病気と関係していますが、直接ストレスが胃を攻撃するというわけではなく、胃の働きを調整する自律神経が関係してきます。
ストレスによる刺激が脳の視床下部から副交感神経を通じて胃に伝えられ、胃でのぜん動運動を促し胃酸をたくさん分泌させる仕組みです。
ストレスによる刺激は脳の視床下部から交感神経に伝わり胃の血管を収縮し血流を減らすと、その結果胃の粘膜を保護する粘液分泌が減少し、副腎皮質ホルモンなどの分泌が高まるので胃の抵抗力を減少させます。
ストレスを受けた胃は血液循環や粘液分泌などが減少し胃粘膜での抵抗力が弱まるのに、反対に胃を攻撃する胃液の分泌が増えてしまう状態になります。
胃に炎症や潰瘍などが起こることになり、胃に何かしら問題がある時は刺激物や長時間残るような消化の悪いもの、カフェインやアルコールなども避けた方が良いでしょう。
食欲がない時は無理にカフェインなどを摂取する必要はなく、特に急性胃炎や炎症のある場合は胃を休ませ臓器の再生を促進することが大切です。
発症したらその日は絶食し、水分補給はこまめに行います。
2日目になると胃粘膜が再生されてくるので、スープやおかゆを食べて少しずつ食生活を元の状態に戻していきます。
不規則な生活を送っているなら規則正しい生活を心がけることも大事です。
症状が治ったとしても1週間は消化の良いものを食べ、慢性胃炎なら1回の食事を減らしたり消化の良い栄養価の高い食事を摂るようにします。
普段から暴飲暴食はやめ、不規則な食習慣を行わないことが大切です。
ストレスに対抗できる栄養素を摂ることも効果があるので、基本的に消化の良いものを選びましょう。

サイト内検索
人気記事一覧